KeyTalk

Excelの管理に      
限界を感じたら。

アポイントの獲得支援に特化した、
ちょうどいいテレアポ管理ツール。

無料で試してみる

こんなお悩みありませんか?

KeyTalkはExcelに代わる管理ツールです。
テレアポは楽しく、管理はシンプルに できるように作りました。

思わず使いたくなる
デザイン

ソーシャルアプリやBtoCのWEBサービスのように、毎日使っても飽きないようなデザインを目指しました。 ストレスを感じないスムーズな動作にもこだわっています。

マニュアルレス

直感的に操作ができるため、マニュアルも必要ありません。教えるコストも覚えるコストも必要ないため、簡単に、すぐにでも使い始めることができます。

必要な機能+α

獲得に必要な最低限のシンプルな機能にプラスして、誰かの受注を通知するフィード機能を用意しました。 ときに孤独な業務になりがちなテレアポに、楽しさをプラスします。

架電効率とアポ効率を上げる機能

▲画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

架電に集中。

ログインすると、配信したリストが一覧で表示されているため、各メンバーは迷わず電話をかけていくことができます。 詳細情報の表示は、リストの内容だけではなく、過去に電話をかけた内容やメモも確認することができるため、 より的確なトークをサポートします。

目標入力で、
モチベーション維持。

電話をかける前に、1日の目標を入力します。「架電数」や「獲得数」など、何を目標とするかは予め設定しておくことができます。 入力した目標は常に架電画面上に表示され、現在の進捗とともに確認することができます。

再架電のタイミングを
逃さない。

再架電日時を登録しておくと、架電予定の10分前にバッジ通知します。再架電のものだけを簡単に一覧表示することもできるため、再架電のタイミングを逃しません。

かけたい先を
簡単検索。

リストに用意されている項目を自動解析して検索対象とします。 社名やエリアなどの文字による検索はもちろん、 従業員数や売上など数字による検索も行うことができます。

数値も状況も
リアルタイムで把握。

全体の成果も個人の成果も思いのままに確認。全メンバーの架電件数や獲得件数などステータスごとの成果をリアルタイムで確認することができます。 個人ごとはもちろん「タグ」の機能を使えばグループごとの状況を把握することもできます。 件数の確認は1日だけでなく期間を指定することもできるため、1週間、1ヶ月、1四半期など、任意の期間で集計することもできます。

▲画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

御社に合わせた
分析軸。

架電件数やアポ件数などの標準的な項目の集計はもちろん、すべての架電ステータスの件数を集計することができます。 架電ステータスは設定により追加・削除を自由に行えるため、オリジナルのステータスを設定することができます。

リアルタイムで
次の打ち手を。

即時で集計を行えるため、いつでも全メンバーの最新の結果を確認することができます。 確認したい個人を検索して確認することはもちろん、「タグ」での検索を利用して、グループ単位での確認も簡単に行えます。

「数」だけでなく
「質」も確認。

各ステータスは、「件数」だけでなく「率」を自動で計算しています。架電数という「量」だけでなく「質」についてもひと目で確認できるため、より効果的な改善策を検討することができます。

▲画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

架電効率を
上げるリスト管理。

今あるExcelのリストをそのまま利用して、すぐに使い始めることができます。 取り込むリストにヘッダの制約などがないため、今あるリストを、そのまま利用することができます。 取り込んだリストは、簡単な操作で各アポインターに効率的に振り分けることができます。 一度振り分けたリストの再振り分けも自由に行えるため、リアルタイムの成果を確認しながら、最適なリスト配分が可能となります。

ファイルの取込も
出力も自由。

リストは、Excelファイル、CSVファイルを取り込むことができます。 取り込んだファイルのヘッダ項目を自動で解析して管理項目とするため、ヘッダに制約がなく今あるリストをそのままご利用することができます。

NG・重複を
高精度でチェック。

リストを取り込む際にリスト内の重複チェックを行うことで、2重架電を防止することができます。重複チェックのキーは各リストのヘッダ項目から自由に選択することができ、複数選択することもできます。

必要な人に
必要なリストを。

取り込んだリストは、各アポインターに振り分けることができます。重複架電が防止されるとともに、 条件による自動振り分けや個別の振り分けなど、柔軟なリスト管理を行うことができます。

次に繋げる。

KeyTalkはアポ獲得支援に特化しているので、アポ獲得後の営業プロセス管理は、別システムへとバトンを繋ぎます。 自由度の高い出力機能を用意しているため、一般的なクラウドでのSFAはもちろん、自社のオリジナルシステムへも連携可能です。 リストの情報はもちろん、架電の履歴も出力することができます。 スムーズに次のシステムへバトンを渡すことで、商談のチャンスを逃しません。

プラン一覧

無料で試してみる

TOP